銘菓「旅がらす」の旅がらす本舗清月堂が高崎に本社と工場移転へ 群馬


【拡大】

  • 群馬県高崎市

 銘菓「旅がらす」などを手掛ける菓子製造販売、旅がらす本舗清月堂(群馬県前橋市)が本社と工場を高崎市内に移転する方針を固めたことが分かった。交通の利便性で優れる高崎に拠点を移し、親会社のドンレミー(東京都)とともに生産体制を拡充するほか、工場見学などでも集客を図る。

 移転先は高崎工業団地造成組合が整備を進めている高崎スマートIC産業団地(高崎市綿貫町など)。関越自動車道高崎玉村スマートインターチェンジに近く、国道354号に面する好立地だ。ドンレミーが建設する洋菓子の新工場の隣接地を取得し、一体的に工場を整備する。

 清月堂は昭和2年に前橋市千代田町で創業。平成2年に同市新堀町に移転した本社工場の老朽化が進み、対策を検討していた。