日航、超音速旅客機導入へ米ベンチャーと提携 優先発注権を確保

米ブームテクノロジーの超音速旅客機のイメージ
米ブームテクノロジーの超音速旅客機のイメージ【拡大】

  • 米ブームテクノロジーの超音速旅客機のイメージ

 日本航空(JAL)は5日、超音速旅客機開発ベンチャーのブーム・テクノロジー(米コロラド州)と資本業務提携したと発表した。出資額は1000万ドル(約11億2500万円)で、ブーム株約1%を取得する。JALは新事業の開拓を掲げており、今回の投資はその一環。

 ブームが開発中の超音速機は座席数45~55席で、洋上巡航速度マッハ2.2(時速2335キロ)、航続距離8334キロ。従来の航空機では約12時間かかる東京-ロサンゼルスを5時間半で飛ぶという。JALは同機20機の優先発注権を取得したほか、同機開発で航空会社として技術仕様などの助言を行うとしている。