ツイッター広告で新サービス、AIが選んだ利用者に自動配信

新しい広告サービスについて説明するツイッタージャパンの森田謙太郎マーケティングマネジャー=4日午後、東京都中央区(大坪玲央撮影)
新しい広告サービスについて説明するツイッタージャパンの森田謙太郎マーケティングマネジャー=4日午後、東京都中央区(大坪玲央撮影)【拡大】

 ツイッタージャパンは、ツイート(つぶやき)を人工知能(AI)が選んだ最適な利用者に自動的に毎日10回分広告配信する定額制の新広告サービス「オートプロモート」を6日から始めると発表した。

 新サービスは、スマートフォンの画面から配信先を利用者の興味・関心のある分野か地域で設定すると、AIが選んだフォロワー(読者)以外の利用者にツイート広告が届く仕組み。

 配信された広告が何人の利用者に届いたかや、獲得したフォロワー数もスマホで確認できる。広告代理店を通さずスマホから申し込みが可能で、支払いはクレジットカードで行い、月額9900円(税抜き)。

 ツイッタージャパンでは既に、1ツイートごとに配信先を設定する「セルフサーブ」広告と呼ばれるサービスも行っている。4日に記者会見した森田謙太郎シニアマーケティングマネージャーは新サービスについて「ツイッター広告を非常に安価で継続的に出稿してもらえる」とアピールした。

 ツイッターの日本の広告売上高は本国・米国に次いで多く、2017年7~9月期決算では全世界の広告売上高の15%を占めたという。