「PCNこどもプログラミングコンテスト2017冬」開催!小・中学生向けに開催8回目 募集は2018年1月7日(日)まで

メインバナー
メインバナー【拡大】

  • 前回表彰式
  • 表彰の瞬間
  • 最優秀賞 小学生の部

すべてのこどもたちにプログラミングを学ぶ機会を届ける活動を行っているプログラミング クラブ ネットワーク(以下 PCN、所在地:福井県福井市、代表:松田優一)は、「PCNこどもプログラミングコンテスト2017冬」を開催します。IchigoJam BASIC、Scratchから電子工作・モノとの連携工作、JavaScript、マインクラフト、プチコンBIG (Wii U))等、こどもたちのアイデア満載の多様な作品を募集します。募集期間は2017年12月1日(金)から2018年1月7日(日)です。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/144864/LL_img_144864_1.png
メインバナー

コンテスト詳細: http://pcn.club/contest/

■「PCNこどもプログラミングコンテスト2017冬」概要
こどもたちがプログラミングを学ぶ環境づくりの一環として、2014年にスタートした“小・中学生限定のプログラミングコンテスト”で毎年夏・冬の2回開催を行い、今回が8回目の開催となります。応募数の伸びや作品バラエティの増加を受けて、初めての試みとして、「ソフトウェア」「ロボット・電子工作」を、応募者の学年による「小学生」「中学生」の区分して、4部門を設定しての募集を行います。また、最終審査会と表彰式を、東京・上野の国立科学博物館で開催いたします。

実施主体:PCN(プログラミング クラブ ネットワーク)
審査概要:1次審査[2018年1月中旬]、最終審査[2018年2月25日(日)]
最優秀賞4点、優秀賞4点、協賛賞 多数(いずれも副賞あり)
表彰式 :2018年2月25日(日) 最終審査と同日開催
(予定会場:東京都 国立科学博物館 講堂)

前回の7回目は、過去最多となる102作品の応募がありました。これまでの応募作品は累計300作品以上。IchigoJam BASIC、Scratchから電子工作・モノとの連携工作、マインクラフト等で作られたユニークな作品が集まり、応募者も北海道から福岡まで全国にわたります。過去にはタンザニアの中学生からの海外応募もありました。
本年10月に行われた第7回の最終審査・表彰式では、一次審査を通過した22作品の展示、ウルトラテクノロジスト集団チームラボ所属の高須 正和氏による講演を、福井県福井市ハピリン、全国9箇所のサテライト会場を結び盛況に開催いたしました。

<協賛各社(2017年12月4日時点)>
株式会社アイ・オー・データ機器、さくらインターネット株式会社、株式会社NSD、株式会社シャルマン、株式会社ボストンクラブ、共立電子産業株式会社、株式会社ジャムハウス、株式会社永和システムマネジメント、TeamIse、株式会社ithink、株式会社アイティプロジェクト

■「PCNこどもプログラミングコンテスト2017冬」応募概要
募集内容:応募時から半年以内に完成した、オリジナルのプログラミング作品。
※ジャンルや言語、作成ツールは問いません
期間 :2017年12月1日(金)から2018年1月7日(日)
応募対象:小学生、中学生
コンテストサイト: http://pcn.club/contest/
http://pcn.club/contest/index.en.html (英語版)
応募方法:
以下の内容をコンテストサイトにあるフォームより応募してください。1人何作品でも応募できます。
・作品タイトル
・作品に使用したツール、言語
・応募者の氏名、学年、性別
・応募者の住所、メールアドレス
・作品の遊び方、使い方
・作品コメント(注目して欲しいところや工夫したところ、作成にかかった時間など)
・応募作品
> IchigoJam BASIC、IchigoLatteの場合
(プログラムのソースコードをメール本文に明記、もしくは添付)
> Scratch 2.0、Viscuit、Kidspod;の場合
(作品のURLを明記。作品ページにソースコードが確認できる状態)
> その他の言語
(OSやツールのバージョン等、動作確認の情報の明記と作成したソースコードの添付)
> 電子工作、モノとの連携の場合、制作物の動画(1分以上)もしくは写真(6枚以上)を付けてください

■団体概要:PCN(プログラミング クラブ ネットワーク)とは
BASICプログラミング専用パソコン IchigoJamをはじめとしたプログラミング教材を活用して、様々な教室、イベント、コンテスト開催などを行い、こどもがプログラミングを学ぶ機会を提供する活動を行っている非営利団体です。
現在福井を拠点として、北海道、仙台から、東京・大阪などの都市圏、そして九州へと全国へ展開し、海を越えモンゴル、シリコンバレー、バンコクなど海外へも活動が広がっております。秋葉原のフラグシップ店を含め 20以上の地域でのネットワークを作り活動を行っています。
2017年5月にアメリカ・サンフランシスコで開催された、世界のMakerの祭典:MakerFaire 2017 Bay Areaでは、IchigoJamの展示を行い、Red Ribbonを受賞いたしました。

団体名: プログラミング クラブ ネットワーク
設立 : 2014年7月1日
代表者: 松田 優一
所在地: 〒918-8237 福井県福井市和田東1丁目222 SYビルC
株式会社ナチュラルスタイル内
URL : http://pcn.club/

■前回 第7回の様子
https://www.atpress.ne.jp/releases/144864/img_144864_2.png
https://www.atpress.ne.jp/releases/144864/img_144864_3.png

全応募作品 :102作品
一次審査通過ノミネート作品:22作品
応募者属性 :小1~中3、21都道府県

最優秀賞(小学生の部):
Step on(音) the piano
松田あゆ美さん(小学3年生)
IchigoJam BASIC、電子工作
https://www.atpress.ne.jp/releases/144864/img_144864_4.jpg

最優秀賞(中学生の部):
HOME WARS
山口登くん(中学2年生)
Scratch
https://www.atpress.ne.jp/releases/144864/img_144864_5.png

優秀賞(小学生の部):
スマホ使いすぎ防止マシーン
森下知秋くん(小学4年生)
IchigoJam BASIC、電子工作
https://www.atpress.ne.jp/releases/144864/img_144864_6.jpg

優秀賞(中学生の部):
ハッピーすごろく
井村風海大くん(中学1年生)
長谷川直也くん(小学5年生)
IchigoJam BASIC、電子工作
https://www.atpress.ne.jp/releases/144864/img_144864_7.jpg