JOLED増資 ソニー、パナ引き受け

 次世代パネルの有機ELパネルを手掛けるJOLED(ジェイオーレッド)が検討している約1000億円の第三者割当増資に、設立母体で株主のソニーとパナソニックが応じる方針であることが6日、分かった。有機EL関連メーカーの住友化学とSCREENホールディングスも前向きだという。増資の引受額はそれぞれ50億~100億円となる見込みだ。

 中核となる引受先がほぼ固まり、事業の柱と位置付ける中型有機ELパネルの量産資金の確保が前進する。不足分を埋めるため国内メーカーを中心にさらに交渉し、来年早々に増資計画の全容を固めて3月末までに完了したい考えだ。

 ソニーとパナソニックはともに株式の5%を持ち、増資引き受けの要請に応じて事業への関与を強める。

 住友化学はJOLEDに有機ELの材料を納入しており、SCREENホールディングスは有機ELパネルの製造装置を手掛けている。

 JOLEDの有機EL技術は先行する韓国サムスン電子などとは異なる独自方式。経済産業省や大株主の産業革新機構は重要技術の国外流出を懸念しており、交渉先に中国メーカーは含まれていないとみられる。