【ハザードマップ】西日本冷食/neix 粉飾発覚、金融機関の支援得られず (3/3ページ)

 〈チェックポイント〉

 西日本冷食は返済猶予を要請するはずだったバンクミーティングで粉飾決算が発覚、金融機関の支援が望めなくなった。特許を保有し、うなぎやすっぽんの養殖で期待された地元ベンチャーだったが、運転資金の増加で資金繰りは火の車。粉飾決算がひとたび発覚すれば金融機関からの追加支援は難しい。

 neixは独自技術で実績を積み、M&A(企業の合併・買収)戦略で業容を拡大した。買収資金は金融機関から調達したがリーマン・ショック以降は傘下企業がことごとく失速し、事業売却と債務整理に追われた。景気悪化の影響を受けたとはいえ、拡大路線からの方向転換を早く進めていれば、違った結果になったかもしれない。(東京商工リサーチ常務情報本部長 友田信男)