アサツーへのTOB成立 米投資ファンドが発表

アサツーディ・ケイ本社が入る虎ノ門ヒルズ森タワー
アサツーディ・ケイ本社が入る虎ノ門ヒルズ森タワー【拡大】

 米投資ファンドのベインキャピタルは7日、広告大手アサツーディ・ケイ(ADK)に対し実施していた株式公開買い付け(TOB)が成立したとの報告書を関東財務局に提出した。発行済み株式数の約87%の応募があった。ベインは残りの株式も買い付ける方針で、ADKは上場廃止となる見通し。

 ADKは今後、ベイン傘下でデジタル広告分野などを強化する。ベインはADKの事業モデル再構築を支援し、数年後の再上場を目指す。

 TOBの応募期限は6日だった。TOB実施前に筆頭株主だった英広告会社WPPグループもTOBに応募しており、資本提携を解消する。

 TOBを巡っては当初、WPPや主要株主の海外資産運用会社が、買い付け価格が低いとして反対の姿勢を示し、成立が危ぶまれていた。ただ、その後WPPは方針転換し、成立の公算が高まっていた。