西郷隆盛の知られざる二度目の流罪地・徳之島での75日間に迫った新刊『西郷隆盛と徳之島 新装版』発売

西郷隆盛と徳之島 新装版
西郷隆盛と徳之島 新装版【拡大】

  • キヨソネ画西郷隆盛像
  • 西郷隆盛が建てた、西郷の身替り侍(徳嶋仲祐)の3つの墓
  • 西郷南洲翁 上陸地

図書出版浪速社は、『西郷隆盛と徳之島 新装版』を2017年12月8日全国主要書店で発売します。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/143509/LL_img_143509_1.jpg
西郷隆盛と徳之島 新装版

【内容】
西郷隆盛は奄美に三度も流罪になった。奄美大島本島、沖永良部島の二島での記述・エピソードは普く知られている。
二度目の流罪地が徳之島であった事はあまり知られていなかった。75日間という短い期間ではあるが、この徳之島で三度目の流罪が告げられるのです。
その短い期間に残したもの、経験した事、出会った人々との関係は決して風化させてはならない…
これまで報道されなかった「大西郷」の実像と本当の魅力が次々と現代に蘇る。

【書籍情報】
タイトル: 西郷隆盛と徳之島 新装版
副題 : 徳のある島…徳のある人との出会い…
著者 : 益田宗児
発売日 : 12月8日
仕様 : A5判(並製本)・206ページ
定価 : 1,389円(税別)
ISBN : 978-4-88854-507-5 C0021
発行 : 図書出版 浪速社

【著者略歴】
1932年徳之島生まれ。県立尼崎高校卒業。大阪経済大学卒業。徳之島興産株式会社社長。奈良徐福研究会会長。財団法人日本花の会奈良支部長。近畿鹿児島県人会総連合会相談役。龍田・三室山桜の会顧問。著書『西郷隆盛と徳之島』

【発売会社概要】
正式名称: 有限会社浪速社
所在地 : 〒540-0037 大阪市中央区内平野町2-2-7 大阪文化会館502号
設立 : 1950年11月
事業 : 書籍の出版、販売及び付帯業務
広告代理及び販売促進業務