Veeva、ライフサイエンス企業におけるデジタルアセットマネジメントを向上させるVault PromoMats Brand Portalを発表

Veeva Systems【NYSE:VEEV】(本社:カリフォルニア州プレザントン、日本法人本社:東京都渋谷区、日本法人代表取締役:岡村 崇、以下 Veeva)は、新しいデジタルアセットマネジメント機能を発表しました。これによりブランドマネージャーは、Veeva Vault PromoMatsでポータルを手軽に設定でき、ブランドチーム内でコンテンツの整理や共有ができるようになります。Veeva Vault PromoMats Brand Portalの利用により、マーケティングチームがデジタル資材やキャンペーンを1カ所で共有できるようになるため、社内、関連会社、代理店などの関係者は既存のコンテンツを見つけて活用しやすくなります。(本リリースは、Veeva米国本社が発表した報道資料の抄訳です)

Veevaのグローバルコマーシャルコンテンツ担当ヴァイスプレジデントであるJohn Chinniciは、次のように述べています。「企業が作成するコンテンツは増大の一途をたどっていますが、VeevaはVault PromoMatsのデジタル資材管理機能を拡張することで、企業におけるそれらのコンテンツの再利用を促進します。Vault PromoMatsは、特にライフサイエンス企業向けに構築され、クラス最高のデジタル資材管理と、メディカル、法務、薬事それぞれにおける審査機能が単一のソリューションに統合された、唯一で初*のアプリケーションです。」

ブランドチームはこれまで以上に多くのデジタル資材を作成していますが、代理店、関連会社や他のマーケティングチームは既存コンテンツを把握しきれていないことが往々にしてあります。その結果、重複したコンテンツが作成されて作業が無駄になり、時間と費用が浪費されています。

Vault PromoMats Brand Portalは、デジタルコンテンツの再利用を促進し、コンテンツを整理するための、シンプルで直感的なインターフェースを備えています。ブランドマネージャーは、承認されたキャンペーンや資材を再構成して共有したり、利用すべきコンテンツに担当者を誘導したりすることができます。また、各チームが必要なすべての資材を1カ所でより容易に検索、閲覧、アクセスできるようにすることができます。ブランドマネージャーが、コンテンツへの投資を最大限に活用し、社内外の各チームによる再利用を推進して一貫性を高めることができるようになったのです。

Veeva Vault PromoMatsによるデジタル資材管理でメディカル、法務、薬事における審査が統合されることにより、複数のシステム間でコンテンツを移動、複製、管理しなくても済むようになります。その結果、デジタルサプライチェーン全体の統制と可視性が高まります。この新しい機能であるVault PromoMats Brand Portalは、2017年12月に提供開始予定です。
*当社調べ

Veeva Vault PromoMats
https://www.veeva.com/jp/products/content-management/vault-promomats/

【Veeva Systems社について】
Veeva Systems社はグローバルなライフサイエンス企業向けにクラウドベースのソフトウェアを提供するリーディングカンパニーです。世界最大規模の製薬会社からバイオテクノロジー分野の新興企業まで600社を超える顧客を擁し、技術革新への取り組みや卓越した製品力によって、お客様の成功をサポートしています。Veevaは、サンフランシスコのベイエリアに本社を置き、ヨーロッパ、アジア、ラテンアメリカに拠点を展開しています。
詳しくは、 https://veeva.com/jp/ をご覧ください。

【Forward-looking Statements】
This release contains forward-looking statements, including the market demand for and acceptance of Veeva’s products and services, the results from use of Veeva’s products and services, and general business conditions, particularly in the life sciences industry. Any forward-looking statements contained in this press release are based upon Veeva’s historical performance and its current plans, estimates, and expectations, and are not a representation that such plans, estimates, or expectations will be achieved. These forward-looking statements represent Veeva’s expectations as of the date of this press announcement. Subsequent events may cause these expectations to change, and Veeva disclaims any obligation to update the forward-looking statements in the future. These forward-looking statements are subject to known and unknown risks and uncertainties that may cause actual results to differ materially.
Additional risks and uncertainties that could affect Veeva’s financial results are included under the captions, “Risk Factors” and “Management’s Discussion and Analysis of Financial Condition and Results of Operations,” in the company’s filing on Form 10-Q for the period ended July 31, 2017. This is available on the company’s website at www.veeva.com under the Investors section and on the SEC’s website at www.sec.gov. Further information on potential risks that could affect actual results will be included in other filings Veeva makes with the SEC from time to time.

(R) 2017 Veeva Systems Inc. All rights reserved. Veeva and the Veeva logo are trademarks of Veeva Systems Inc.
Veeva Systems Inc. owns other registered and unregistered trademarks.