人気のお菓子 マカロンをチョコレートに再構築「クリエーション」シリーズに、新フレーバーが2種登場

クリエーションマカロン ストロベリー
クリエーションマカロン ストロベリー【拡大】

  • クリエーションマカロン バニラ
  • クリエーションクレームブリュレ
  • クリエーションダークピスタチオ

1845年創業、世界120カ国以上で愛されているスイスの歴史あるプレミアムチョコレートブランドLindt(リンツ)の日本法人リンツ&シュプルングリージャパン株式会社(代表:アンドレ・ツィメルマン、本社:東京都中央区銀座)は、「クリエーション」シリーズから2種類の新フレーバーを2017年12月8日(金)から販売いたします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/144976/LL_img_144976_1.jpg
クリエーション マカロン ストロベリー

そのクオリティーの高さとバリエーションの豊かさにおいては他の追随を許さないリンツのタブレットチョコレート。
その中でも「クリエーション」のシリーズは、文字通り、リンツのメートル・ショコラティエのチョコレート作りへの情熱とクリエイティビティ-が発揮された、オリジナリティーあふれるラインナップです。
厳選された材料と高度な製造技術によって生み出される「クリエーション」のシリーズは、誰もが愛するデザートやお菓子をタブレットチョコレートに再構築した、“デザートのようなチョコレート”です。

このたび「クリエーション」のシリーズに、パリ生まれの人気のお菓子 マカロンをタブレットチョコレートに仕立てた2種類の新フレーバーが登場します:

●クリエーション マカロン ストロベリー
ミルクチョコレートの中には、マカロンを再現した2層のフィリング。
ふわっとナチュラルなストロベリーの香りが広がり、甘酸っぱさがしっかりと感じられるストロベリーガナッシュと、マカロン生地を砕いたクランブルが練り込まれたフィリング。マカロン独特のサクサクとした食感を楽しみながら、ストロベリーの風味がお口全体に広がります。

●クリエーション マカロン バニラ
ミルクチョコレートの中には、マカロンを再現した2層のフィリング。
とてもクリーミーでマイルドな風味のバニラクリームと、マカロン生地を砕いたクランブルが練り込まれたフィリング。
ミルクチョコレートの中に、マカロンのテクスチャーが楽しめる一枚。

「クリエーション」シリーズのタブレットは、日々の生活の中で手の届くところにある至福の贅沢であり、また、その洗練されたデザインのパッケージは、カジュアルなプレゼントにもご利用いただけます。

原産国 :フランス
重量 :150g
価格 :745円(税込)
販売開始:2017年12月8日(金)
販売店舗:リンツ ショコラ カフェ、リンツ ショコラ ブティック
(ただし、アウトレット店を除く)

<参考 「クリエーション」シリーズのその他のフレーバー>
クレームブリュレ
ダークピスタチオ

<リンツとは…>
Lindt(リンツ)は、スイスで1845年に創業、現在では世界120カ国以上で愛されているプレミアムチョコレートブランドです。ブランド名となっているリンツは、今ではあたりまえとなっているチョコレートのなめらかな口どけを初めて可能にした「コンチング・マシン」を発明、スイスをチョコレート立国たらしめた、ロドルフ・リンツ氏の名に由来します。
リンツ&シュプルングリー社の創設者、ダーフィート・シュプルングリー氏はチューリッヒの小さなパティスリーのパティシエを経て、1836年にその店のオーナーとなり、1845年に自家製チョコレートの製造を開始しました。
1899年にリンツとシュプルングリーは合併することになり、チョコレートの製造においてすでに高い評価を得ていたシュプルングリーと、「コンチング・マシン」を発明、チョコレート界に革新をもたらしたリンツが手を携えて、その卓越した技術で最高の品質のチョコレートが生み出されるようになりました。
以来、170年以上の時を経て、そのチョコレート作りへの情熱は、リンツのメートル・ショコラティエ(チョコレート職人)たちによって受け継がれ、カカオ豆の仕入れから最終製品までの工程をすべて自社で一貫して生産することにより、常に高品質で、香り高く、口どけの良いチョコレートで、今も世界中のチョコレートファンを楽しませ続けています。

http://www.lindt.jp/ (リンツ ジャパンサイト)
http://www.twitter.com/LindtJapan (公式Twitterアカウント)
http://www.facebook.com/LindtJapan (公式Facebookページ)
http://instagram.com/lindt_chocolate_japan (公式Instagramアカウント)