SenseTimeは、自動運転およびADAS分野へ本格市場参入に向け、Hondaと長期共同開発契約を締結

SenseTime Group Ltd.(本社:香港、CEO:Xu Li)とその日本法人である株式会社センスタイムジャパン(以下 SenseTime)は、レベル4に相当する市街地での自動運転技術の確立や、先進運転支援システム(ADAS)技術への本格市場参入のため、日本を代表する自動車企業であるHondaと、5年間に亘る長期共同開発契約を締結しました。

Hondaは四輪車、二輪車をはじめ、航空機やパワープロダクト、ロボティクスをビジネスとし、モビリティーに関する高いレベルのノウハウと技術を有するグローバルカンパニーです。
SenseTimeは香港・北京・深セン・上海・成都・杭州・京都・東京にオフィスを構え、世界トップレベルのコンピュータビジョンとディープラーニング技術を有し、中国で最も発展が速く、規模の大きいAI企業の一つです。同社は、独自のディープラーニングプラットフォームをベースに、金融、セキュリティ、スマートフォンなどの分野において、顔認識・動画分析・文字認識などの最先端技術とサービスを提供してきました。
SenseTimeはこのコラボレーションを実現するために、東京を拠点として、開発人員とクラスタ計算設備を大幅に拡大し、AI自動運転・ADAS事業におけるパイオニアを目指します。

【共同研究開発の領域】
●自動運転システムへ適用するAIアルゴリズム
-シーン理解:走行環境と歩行者や車両の振る舞い・意図を推定
-リスク予測:走行環境と意図推定結果に基づく歩行者・車両の将来位置を予測
-行動計画 :リスク予測に基づき、停止・発進・回避などの自車の行動判断と走行軌道を生成
●AIアルゴリズムを学習するための大規模計算技術
●AIプログラムを車載コントローラへ実装する技術

※ 本プレスリリースに記載されている会社名および製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。