商工中金の抜本改革、年内結論は困難

 不正融資が発覚した商工中金の抜本的改革を検討する経済産業省の有識者会議が、当初予定していた年内の結論が難しくなったことが7日、分かった。関係者が明らかにした。不正の温床となった公的な制度融資「危機対応融資」の見直しに加え、政府系金融の在り方も論点になり、丁寧な議論が必要だと判断した。

 経産省は商工中金の「解体的出直し」(世耕弘成経産相)を掲げる。民業圧迫につながる危機対応融資への偏重を改め、中小企業の経営効率化や事業継承などを支援する組織に転換する方向で検討している。