JAM、ベアは前年同額 月6000円を要求

 中小製造業の労働組合が中心の産業別労組、ものづくり産業労働組合(JAM)は7日、2018年春闘で基本給を一律に引き上げるベースアップ(ベア)について、月額6000円を求める方針案を発表した。

 ベア要求は4年連続で、上げ幅は3年連続で同じ。定期昇給に当たる賃金構造維持分を合わせた平均賃上げ額は月1万500円。