“ただ不便”な超大型書店はもう無理なのか ジュンク堂創業者が見据える活路 (3/6ページ)

 大型店では「宝探し」になってしまう

 --工藤さんは書店の大型化を引っ張ってきた第一人者です。「大型書店は化石になっている」と言う発言に、書店経営者がショックを受けるのはわかる気がします。

 【工藤】目当ての本を探すというだけでは、たしかにネット書店のほうが便利です。われわれの店は、できるだけ本を探しやすい構造にしていますが、それでも「どこにあるかわからない」とご指摘を受けることがあります。大型店にある検索機を使えば、その本は何階のどの棚にあるか、パッと出てきます。でも、前のお客様が手に取った本を違う場所に戻されたら、もうわからなくなってしまう。要するに「宝探し」になってしまうんです。

 探している本の近くに来たらスマホが反応する、といった具合に、もっと便利な装置を開発しないといけません。また探すことが楽しいという仕掛けも必要です。「ポケモンGO」が参考になるはずです。本の在庫がすぐわかり、どこの棚にあるかも確認できる。そしてお客さまに来店していただき、中身を見てから買っていただく。アマゾンでは、中身までしっかり見られるわけじゃありませんからね。

 来店さえしていただければ、お目当ての本を買う前に「ちょっと待てよ、こっちの本もいいぞ」という気付きも生まれます。だから、リアル書店には足を運んでいただけるだけの「付加価値」を感じてもらう必要があると思っています。

ネット書店は沖縄本島に在庫100万冊をもてるか