トヨタ、全車種に電動モデル設定 パナと協業でVWに対抗「パズルのピース埋まった」 (1/2ページ)

全車種に電動モデルを設定すると発表したトヨタ自動車の寺師茂樹副社長=18日午後、東京都内
全車種に電動モデルを設定すると発表したトヨタ自動車の寺師茂樹副社長=18日午後、東京都内【拡大】

  • トヨタのConcept-愛i

 ■電池研究など1.5兆円

 トヨタ自動車は18日、2025年頃までに世界で販売する全車種にハイブリッド車(HV)や電気自動車(EV)など電動モデルを設定すると発表した。エンジン車のみの車種がなくなり、電動車シフトが鮮明になる。まだ本格的な市販車を投入していないEVも、20年代前半に中国、日本、インド、米国、欧州で10車種以上を発売する。パナソニックとの協業で電池の安定供給にめどをつけ、世界最大手を競い合う独フォルクスワーゲン(VW)などに対抗する。

 「電池という(パズルの)ピースが埋まり、電動化へのアクセルを思い切り踏めるようになった」

 トヨタの寺師茂樹副社長は18日、東京都内で開いた説明会で電動車戦略を加速する考えを示した。トヨタはHV「プリウス」で培ったモーターやインバーターの技術をEVなど他の電動車に応用できると強調してきた。ただ、EVの電池は低速時だけ使うHVと必要な性能は大きく異なり、例えば日産のEV「リーフ」に搭載されている電池の容量は、プリウスの約50倍。「EVを100万台つくるには、HVを数千万台つくる電池の容量が必要」(寺師氏)なことがハードルになっていた。

 しかし、パナソニックとの協業により、高性能電池の安定供給について一定のめどが立った。協業について両社は13日、「可能性を検討」としていたが、トヨタのこの日の説明では「内容を検討」と前進。寺師氏は「白地図はできており、これからは色を塗っていく作業を始める」と話した。

EVをめぐっては、国家間の思惑も複雑