日産車体、赤字転落へ 無資格検査で生産減

 日産自動車グループで車両の製造を手掛ける日産車体は19日、平成30年3月期連結業績予想を下方修正し、最終損益が54億円の黒字から45億円の赤字に転落すると発表した。前期は82億円の黒字だった。

 新車の無資格検査問題を受け、生産台数が減ることが響く。今年9月に問題が発覚し、日産車体湘南工場(神奈川県平塚市)と子会社の日産車体九州(福岡県苅田町)が10月に生産を一時停止した。