金融緩和 初の見直しない年 黒田・日銀、現行政策継続を決定

金融政策決定会合後に記者会見する日銀の黒田総裁=21日午後、日銀本店
金融政策決定会合後に記者会見する日銀の黒田総裁=21日午後、日銀本店【拡大】

 日銀は21日、年内最後の金融政策決定会合を開き、物価上昇率2%の目標まではまだ距離があることから、短期金利をマイナス0.1%とし、長期金利を0%程度に抑える現行の金融緩和策の継続を賛成多数で決めた。物価上昇傾向は維持されているとして、追加緩和は見送った。黒田東彦(はるひこ)総裁が2013年に就任してから、初めて緩和策の見直しがない年となった。

 国内景気は、好調な海外経済を背景に内需も堅調に推移しているとし、「緩やかに拡大している」との判断を維持。設備投資は「緩やかな増加基調にある」から「増加傾向を続けている」に上方修正した。黒田総裁は決定会合後の記者会見で、「一貫した金融緩和政策が功を奏して現在の経済状況になった」と成果を強調した。

 ただ、肝心の物価は0%台後半で思うように上がっていない。決定会合では片岡剛士(ごうし)審議委員が、消費税増税や米国景気後退などのリスクを考慮すると、「19年度ごろ」としている物価目標の達成時期より前の18年度中に達成することが望ましいとして「10年以上の国債金利を幅広く引き下げるよう、長期国債の買い入れを行うことが適当」と、唯一反対票を投じた。