サイバーセキュリティー専門局の新設見送り、野田総務相が公表 

閣議を終え会見する野田聖子総務相=22日午前、首相官邸(斎藤良雄撮影)
閣議を終え会見する野田聖子総務相=22日午前、首相官邸(斎藤良雄撮影)【拡大】

 野田聖子総務相は22日、平成30年度の機構・定員要求で求めていたサイバーセキュリティーの専門局の新設見送りを明らかにした。各省庁の幹部人事を一元管理する内閣人事局に認められなかった。

 代わりに「サイバーセキュリティ統括官」を新設し、審議官と3人の参事官を置く。野田氏は「実質的には集中してサイバーセキュリティーに取り組めるようになり、強化だ」と強調した。