ブリヂストン、パンクしない次世代タイヤの開発加速 スペア・メンテ不要で省資源 (1/3ページ)

パンクしないタイヤを装着した自転車を紹介するブリヂストン革新タイヤ開発部の阿部明彦フェロー=8日、東京都江東区
パンクしないタイヤを装着した自転車を紹介するブリヂストン革新タイヤ開発部の阿部明彦フェロー=8日、東京都江東区【拡大】

  • 空気圧ゼロでも一定距離を走れるブリヂストンの「ランフラットタイヤ」=8日、東京都江東区

 ブリヂストンが、循環型社会を見据えた次世代タイヤの開発を加速している。空気を充填(じゅうてん)しなくて済む「エアレスタイヤ」で、パンクに備えたスペアタイヤを省ける。住友ゴム工業など競合するタイヤ大手各社も省資源につながるタイヤの技術開発に注力しており、開発競争が過熱しそうだ。

 CO2削減にも貢献

 8日。東京都江東区の東京ビッグサイトで開かれた環境・エネルギー展「エコプロ2017」のブリヂストンのブースをのぞくと、車輪の軸と輪を放射状につなぐ赤色の樹脂製「スポーク」が印象的な自転車が目に飛び込んできた。

 装着したタイヤは、タイヤ表面のゴムと樹脂製ホイールとの間にスポークが張り巡らされた「エアフリーコンセプト」。その反発力で自転車の重みを支えながら、路面からの衝撃を吸収するという。

 従来の空気入りタイヤは、空気圧が適切でなかったりパンクしたりすると車の走行に支障を来す。このため運転者は定期点検が求められるが、エアレスタイヤならメンテナンスの手間を省ける。

 同社革新タイヤ開発部の阿部明彦フェローは「安全、快適、環境という3つの要求が将来のタイヤに求められる」と予測。市場を先読みし2008年から開発を進めてきたのがエアレスタイヤだ。

四輪車に適用するための課題とは?