2017年のヒット商品紹介 「スイッチ」、インスタ映え、AIスピーカー… (1/5ページ)

3月、発売された「ニンテンドースイッチ」を手にする人たち=大阪市の「ヨドバシカメラマルチメディア梅田」
3月、発売された「ニンテンドースイッチ」を手にする人たち=大阪市の「ヨドバシカメラマルチメディア梅田」【拡大】

  • 明治の「ザ・チョコレート」の箱を使ったアレンジ例
  • AIスピーカー「アマゾンエコー」の日本発売を発表する米アマゾン・コム幹部=11月、東京都渋谷区
  • 完成前のマンションを視察できる大京の仮想現実サービス

 携帯できる家庭用ゲーム機や、インスタ映えする板チョコ-。今年人気を集めたり話題となったりした商品やサービスを紹介する。

 テレビにつないだり外に持ち出したり、遊び方を自在に選べる家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」が世界中で人気を集めた。任天堂の新型ゲーム機としては4年ぶりの製品で、カメラやセンサー付きのコントローラーなどの最新技術をフル活用。3月の発売以降、生産が追い付かず品薄の状態が続いた。

 テレビとつないで遊ぶ据え置き型のゲーム機でありながら、6.2インチの液晶画面とコントローラーを取り外し、携帯型ゲーム機として持ち歩くこともできるのが特長。ユーザー同士が同時に8台までつながってプレーでき、「いつでもどこでも友人や家族とパーティーのように楽しめる」(任天堂の開発担当者)こともヒットを後押しした。

 人気シリーズ「ゼルダの伝説」や「マリオカート」の新作ソフトを相次いで投入し、12月10日時点で国内外の累計販売台数1000万台を達成した。米国や欧州でも好調で、ソニー・インタラクティブエンタテインメントの「プレイステーション4」などライバルに負けない存在感を世界のゲーム市場で示した。

 当初は来年3月末までの販売目標を1000万台としていたが、今年10月に1400万台に引き上げた。任天堂の業績にも大きく寄与して2017年9月中間連結決算は売上高が前年同期の約2.7倍となり、君島達己社長は「天国と地獄のうち天国の状態」と話した。

 ただ生産面では計画の甘さから旺盛な需要に応えられず、インターネットの転売サイトで高値がつくことも。6月には「おわび」を任天堂の公式ホームページに掲載し、生産体制を強化するなど対応に追われた。

板チョコ おしゃれな箱アレンジ