日本触媒、タイで洗剤原料の生産へ 事業検討の覚書締結

 日本触媒は、三井物産およびタイの石油化学大手、PTTグローバルケミカルと合弁で、タイで界面活性剤「ソフタノール」を生産販売する事業を検討するための覚書を締結した。

 工場はタイ・ラヨン県の工業団地内に建設。同団地にあるPTTグローバルケミカルから、ソフタノールの原料となる酸化エチレンの供給を受ける予定。2019年3月期までに投資判断を行い、22年工場稼働を目指す。

 ソフタノールは家庭用液体洗剤や工業用洗浄剤の原料などに使われ、東南アジアをはじめ世界的に需要が伸びている。