【群馬発 輝く】アスリートからメディカルまで…独自の機能性インソールで世界を変える「BMZ」 (4/5ページ)

インソールは、職人が一枚一枚丁寧に製作する=15日、群馬県みなかみ市
インソールは、職人が一枚一枚丁寧に製作する=15日、群馬県みなかみ市【拡大】

  • 高橋毅社長
  • 3Dスキャナー搭載の測定器に乗るだけで、足にぴったりのインソールが製作できる=15日、群馬県みなかみ町

 --創業までの経緯は

 「自分と同じ悩みを抱えている人は多いと思い、ショップのお客さんに靴選びのアドバイスをするようになった。その後、スキーブーツの調整・加工を行う店を経て、『お客さんの足にぴったりの靴』にこだわるようになり、オーダーメードのインソール製作を始めた」

 --経営に際して大切にしていることは

 「社長(自分)を中心とした『教育』だ。人間力、人間性を高めないと、いくら専門的な能力を身に付けても、発揮されない。いろんな会社で不祥事が起こるのは、人間性をおろそかにし、収益性を重視して人間教育ができていないからだ。企業の成長の根本は『人を育てる』ことだと思う。もう一つは、トップがどれだけ高い目標を持てるか。そして社員がトップと一緒に夢を見続けられるか。そのために、社内で業務の透明化を図り、決算書なども全員で見て、会社の方向性を統一している」

 --今後の目標は

 「2022年に上場し、たくさんの支援を得て、世界へ出たい。期待されている医療分野では、内臓の病気を治療したり、脳の働きを改善したりするインソールを作りたい。もっと発展して、履くだけでポジティブになったり、胃腸の調子を良くしたりできるインソールの開発も可能だと思う」

【プロフィル】高橋毅

 たかはし・つよし 群馬県立沼田高卒。地元のスポーツショップで運動靴やスパイクの販売に20年以上携わり、2001年にスキーブーツの調整とオーダーメードのインソール製作を行う個人経営の店舗を開業。04年にBMZを創業。61歳。群馬県出身。

イチ押し!は3Dスキャナーをつかった提案