【群馬発 輝く】アスリートからメディカルまで…独自の機能性インソールで世界を変える「BMZ」 (5/5ページ)

インソールは、職人が一枚一枚丁寧に製作する=15日、群馬県みなかみ市
インソールは、職人が一枚一枚丁寧に製作する=15日、群馬県みなかみ市【拡大】

  • 高橋毅社長
  • 3Dスキャナー搭載の測定器に乗るだけで、足にぴったりのインソールが製作できる=15日、群馬県みなかみ町

 ≪イチ押し!≫

 ■「フットクチュール」で最適な一枚

 高速3Dスキャナーで顧客の足型を計測、診断し、最適なインソールを提案する「BMZフットクチュール」を4月から、群馬県みなかみ町の本社近くで顧客の足の計測などを行う「猿ケ京スタジオ」などに導入した。わずか6秒で足のサイズや、ねじれ角度などを測定。測定結果を基に、インソールの材料となるカーボンの加工を自社工場で行うことで、一人一人の足に最適なインソールの製作が可能になった。外反母趾(ぼし)、足底筋膜炎など足の痛みや悩みを抱える人のほか、スポーツの成績を上げたい人にも効果的という。BMZフットクチュールを活用したオーダーメードインソールの価格は5万円(計測料は別途5000円)から。全国16カ所の取扱店でも計測やインソールの購入ができる。