両備システムズグループ「きびだんご採用」をスタート

きびだんご採用メインビジュアル
きびだんご採用メインビジュアル【拡大】

  • きびだんご採用 シミュレーションゲーム画面

株式会社両備システムズ(本社:岡山県岡山市、代表取締役社長:松田 久)は、2019年卒業向けインターンシップ・採用広報として『きびだんご採用』を12月7日(木)よりスタートしました。日本古来より伝わるおとぎ話『桃太郎』では、桃から生まれた桃太郎が、イヌ・キジ・サルを従えて鬼が島まで鬼退治にいったとされています。(※諸説あり)両備システムズグループでは採用活動の主たる考え方として、このシステムをオマージュしていくことを決定いたしました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/146440/LL_img_146440_1.png
きびだんご採用メインビジュアル

【多様な人財にアプローチしたい】
お供にしたといわれるイヌ・キジ・サルといった種の違いに着目。それぞれが異なるタレントを持ち合わせることで、桃太郎は偉業を達成することができたのではないか、と考えます。両備システムズグループでは、これにカッパ、ブタも加えて広報していくことで、より多様性のある人財を受け入れることを表現しました。

【どんどん仲間を増やしたい】
岡山県の人口は191万人。2040年には少子化の影響もあり161万人になると予測されています。県の持続的な発展のためには人財が不可欠です。岡山県名産『きびだんご』を活用することで人財が集まることを期待します。

【目的は鬼退治ではない】
たくさんの仲間を受け入れて達成すべきは、鬼退治ではありません。日本のグローバル化に向けて、多様な慣習や人財を受け入れ、学び、共生していくことこそが目的といえるでしょう。両備システムズグループでは、一見異質な鬼さんも仲間にしていくことで、また、同社グループ会社の連携や協働を通じて新しい価値創造を目指します。

【特設サイト】
▼両備システムズグループ 『きびだんご採用』詳細
https://www.ryobi.co.jp/kibidango/
▼『きびだんご採用』の考え方をゲーム化 シミュレーション
https://www.ryobi.co.jp/kibidango/simulation-desktop/

きびだんご採用 シミュレーションゲーム画面
https://www.atpress.ne.jp/releases/146440/img_146440_2.png

【会社概要】
社名 : 株式会社両備システムズ
所在地 : 岡山県岡山市南区豊成二丁目7番16号
設立 : 1969年12月
資本金 : 3億円
代表者 : 代表取締役社長 松田 久
事業内容: 情報サービス、ソフトウェア開発、データセンターサービスなど
URL : https://www.ryobi.co.jp/