沖縄・箱根でホテル建設続々 訪日客急増、外資系も潜在能力に着目 (1/2ページ)

2018年8月開業予定の「ハイアットリージェンシー瀬良垣アイランド沖縄」のイメージ
2018年8月開業予定の「ハイアットリージェンシー瀬良垣アイランド沖縄」のイメージ【拡大】

 訪日外国人客の急増を背景に、地方のリゾートや観光地周辺でもホテル建設などの再開発の波が押し寄せる。アジアの中間所得層が厚みを増す中、地理的に近い日本の旅行先としての魅力は高い。その潜在能力に着目した外資系ホテルも相次いで開発に乗り出しており、群雄割拠の様相を呈している。

 「このホテルを目指して沖縄に行くという『動機の源』になりたい」。2017年12月に開かれた18年8月開業予定の「ハイアットリージェンシー瀬良垣アイランド沖縄」(沖縄県恩納村)の発表会。野口弘子総支配人は国内のハイアット初となるビーチリゾートの“勝算”を口にする。

 ホテルは豊かなサンゴ礁を有する瀬良垣ビーチに隣接し、約340の全客室で海を望む。ビーチで行うヨガなどの体験プログラムも計画。価格は1室平均4万~5万円だが「稼働率80%を目指す」(野口支配人)とあくまで強気だ。

 沖縄県の観光客数は500万~600万人台で推移してきたが14年に700万人を突破、16年の約860万人は米ハワイにも迫る水準だ。ハワイの約3分の1という観光収入も開発事業者にとっては伸びしろに映る。森トラストとヒルトングループが本部町の瀬底島に高級ホテルと長期滞在型施設を建設するほか、星野リゾートも読谷村で宿泊施設の建設を進める。

日本の伝統的な観光名所にも開発のメス