これは職人としての使命だ 被災地で大活躍、元祖「パンの缶詰」を作った男 (6/6ページ)

 ベトナム、アメリカにも進出

 96年に「カンカンブレッド」と名付けて発売開始したが、全く反響がなく、最初の1カ月間でたった1缶しか売れなかった。その後、2004年に新潟県中越地震が起き、秋元がパン缶を持参して被災者に届けたことが転機となった。一部の自治体でも備蓄していたパン缶を支援に回し、パン缶が現地で山積みになる光景がテレビで流れた。

 学校給食でもパン缶が出され、現地に調査に入った専門家にもパン缶が配られた。これを契機に一気に知名度が上がり、災害備蓄用として多くの注文が入るようになった。

 2015年にはベトナムのダナンに初の海外店舗を出店した。父・健二の「戦争で迷惑をかけた東南アジア諸国で償いをしたい」という願いをかなえたかったという。同社ではベトナムから3人の実習生をすでに受け入れており、パン作りを学んだ彼らが本国で働ける日も近い。

「パンの缶詰」で飢餓救済と被災地支援。ハイチの子どもたちと(PRESIDENT Onlineより)

「パンの缶詰」で飢餓救済と被災地支援。ハイチの子どもたちと(PRESIDENT Onlineより)

 2017年2月からはサンフランシスコのパン店に委託して、パン缶の現地製造とテスト販売を開始した。近く米国食品医薬局の認可も取得予定だ。秋元は「将来的には救缶鳥プロジェクトもアメリカで試したい」と話す。

 パン缶が父の思いをかなえ、国内外に笑顔と安心を届けている。

 (文中敬称略)

 株式会社パン・アキモト

 ●代表者:秋元義彦

 ●創業:1947年

 ●業種:パン・缶詰パンの製造販売

 ●年商:5億円(2017年9月期)

 ●従業員:60名

 ●本社:栃木県那須塩原市

 ●ホームページ:http://www.panakimoto.com/

 (ジャーナリスト 吉村 克己 写真提供=パン・アキモト)(PRESIDENT Online)