【2018 成長への展望】みずほFG社長・佐藤康博さん(65) (1/2ページ)


【拡大】

 ■構造改革後に見える金融の姿示す年

 --2018年の世界経済の展望は

 「あえてリスク要因を挙げると、サウジアラビアの改革などの地政学的リスクのほか、主要中央銀行の金融政策の動向にも要注意だ。全体的に超金融緩和から出ていこうとする際のスピード感や流れを間違えると金融市場が混乱する。テクノロジーの進歩もそれ自体はプラスだが、市場がクラッシュする危うさもある」

 --大規模な構造改革を打ち出した

 「テクノロジーの進展で生産性が向上することを見据え、10年かけて1万9000人を減らす。早期退職募集も給与体系見直しも考えていない。大量採用された50歳前後の従業員には本人の了解を得て、金融に詳しい人材を求めているベンチャー企業や農業法人に再就職する仕組みを検討したい」

 --経営課題として18年度のテーマになることは

 「構造改革の先に見えてくる金融の姿が問われてくる1年になる。収益源の多様化を狙いながら、いかにテクノロジーを取り込んでいけるかが勝負だ。タブレット端末で振り込みなどができるデジタル化した店舗の試行運営を始めた。現在稼働しているのは3カ所だが、18年度に10店舗程度まで拡大を目指したい」

デジタル通貨「Jコイン」の検討状況は