【Luxeな日本 ~地元発】国道脇で富士山の恵み 柿田川湧水 矢田部ゆか

柿田川公園第二展望台から見る湧水
柿田川公園第二展望台から見る湧水【拡大】

 国が管理する一級河川は全国に1万4000余り。その中で最も短い川が、富士山の麓、静岡県清水町にある。長さ1.2キロの柿田川だ。この川の水源は、大型トラックも行き交う国道1号すぐそばの柿田川公園にあり、そこでは湧水群を目にすることができる。

 公園の駐車場に車を止め、木々に囲まれた遊歩道を歩くと、流れる水の音、ひんやりとしたすがすがしい空気を感じる。とても国道沿いとは思えない空間だ。

 大小さまざまな「わき間」と呼ばれる湧水スポットを見ながら、第二展望台へ。下をのぞくと…光を受けてコバルトブルーに輝く水底の土を舞い上げながら水が湧き出している! その神秘的なようすに思わず息をのむ。この水は富士山に降った雨や雪が地表に現れるもので、量は1日70万~100万トンに達する。

 地元では散歩コースとしても親しまれ、公園横の食事処では湧水で作った豆腐料理が味わえ、水くみ場もある。

 国道1号脇という好立地で、東海道新幹線三島駅からでもバスで15分だ。高知県の四万十川、岐阜県の長良川と並んで日本三大清流と呼ばれる柿田川。町の名の通りの清い水と富士山の恵み、自然のダイナミズムを実感できるスポットだ。

                   ◇

 【luxe(リュクス)】 フランス語で元の意味は「贅沢」。最近は優雅で上品でありながら、洗練された贅沢なもの・ことなどの意味で使われる。

                   ◇

【プロフィル】矢田部ゆか

 やたべ・ゆか 山口県出身。元エステティシャン。FM佐賀、静岡放送、南海放送に勤務。現在は首都圏でフリーアナウンサーとしてスポーツ中継やニュースを担当。

                   ◇

 局アナnetは日本最大級の局アナ経験者ネットワーク。運営するLocal Topics Japanでは全国各地の観光情報を日本語、英語と動画で紹介しています。コラム関連動画もご覧になれます。