【遊技産業NOW】CRアントニオ猪木、パチスロ乙女マスターズ同時発表

パチンコは、ループに寄るゲーム性が魅力のアントニオ猪木シリーズ最新作
パチンコは、ループに寄るゲーム性が魅力のアントニオ猪木シリーズ最新作【拡大】

 ■平和 オリンピア

 平和(東京都台東区)は2017年12月7日、東京都台東区の営業本部ビルでパチンコ新機種「CRアントニオ猪木 打てばわかるさ!ありがとぉー!!!」(アムテックス製)および「パチスロ 乙女マスターズ~空を翔る白き軌跡~」(オリンピア製)の展示会を開催した。

 パチンコは、アントニオ猪木氏とのタイアップ。初代パチスロ猪木のDNAをパチンコに注入した。スペックは大当たり確率315.0分の1のループタイプ。SUPER小当たりRUSHと、大当たりによる闘魂ループで出玉を増やしていく。右打ち遊技中の大当たりでは、48%の確率で16ラウンド(約1920個)の出玉が獲得可能。

 一方、パチスロはオリジナルコンテンツの最新作。ゴルフウエアの乙女たちが新たな戦いの火蓋を切る。スペックはA+RT仕様で、豊富なボーナスと多彩なゲーム性が魅力。ボーナスはRT突入やストック獲得期待度の異なる7種類を用意。特に「カシン系ボーナス」は突入すればRT大量ストックのチャンスとなる。ホールへの導入はともに2月上旬を予定。