レンズの結露を防ぎ、撮影チャンスを逃さない省エネ設計と扱いやすさが進化した「レンズヒーター360II」1月19日(金)発売

使用イメージ
使用イメージ【拡大】

  • レンズヒーター360II

総合光学機器メーカー、株式会社ビクセン(本社:埼玉県所沢市、代表取締役社長:新妻和重)は、天体写真撮影時に役立つアクセサリー「レンズヒーター360II」を1月19日(金)に発売いたします。

「レンズヒーター360II」は、カメラレンズに夜露が付着するのを防ぐヒーターです。
夜間の長時間に及ぶ天体撮影では、レンズに夜露が付着し結露してしまうことがしばしば起こります。結露すると像はぼやけてしまい、星を綺麗に写し出すことはできません。これを防ぐにはレンズを温めるヒーターを用いることが効果的です。
本製品は薄くて柔らかい新開発の布製ヒーターユニットAHF(Active Heat Fabric)と、軽いタッチで着脱できる“面ファスナー“(※1)を採用したことにより、レンズに取付ける作業が大変スムースで、着脱による構図ずれやピントずれを軽減します。また、従来品から改良された電源コードにはマグネット接点を採用。電源コードが着脱可能になり、持ち運びやすくなったとともに、コードの断線を防止します。さらに、低温時でも硬くなりにくい特殊加工を施し、寒さが厳しい場所での使用に配慮しています。また従来品より大幅に消費電力を抑え、使用可能時間を延ばすことにも成功しました。
※1:面どうしを重ね合わせることで繊維が絡み合い接着力が生じます。

【製品詳細】
「レンズヒーター360II」
ヒーター :アクティブヒートファブリック
温度特性 :外気+10℃(20℃において)
電源・消費電力:USB電源5V 0.3A 1.5W
動作目安 :約24時間(USBモバイルバッテリー10000mAh・37Whフル充電時)
サイズ :幅30mmx長さ600mm(電源コード含まず)
重さ :約55g(本体30g、コード25g)
取り付け目安 :円筒状の部位 長さ30mm以上、外径45~100mm

【価格】
10,000円(税別)

【発売日】
2018年1月19日(金)

【WEBサイト】
「レンズヒーター360II」製品ページ
https://www.vixen.co.jp/product/35415_3/

ビクセンwebサイト
https://www.vixen.co.jp/

【株式会社ビクセン 会社概要】
代表取締役 新妻和重
創業1949年 本社 埼玉県所沢市
天体望遠鏡、双眼鏡、顕微鏡、フィールドスコープ、ルーペなどの設計、製造を行う光学機器メーカー