石炭火力めぐり議論平行線 経団連会長、中川環境相と会談

 経団連の榊原定征会長らは16日、中川雅治環境相と東京都内で会談し、地球温暖化対策をテーマに意見交換した。高効率の石炭火力の輸出拡大を求める経団連に対し、中川氏は、「世界の潮流は脱石炭火力。このままならパリ協定の目標が達成できなくなり、日本は世界から取り残される」と否定的な考えを示し、議論は平行線をたどった。

 中川氏は日本企業による東南アジアへの石炭火力発電の輸出について「世界から厳しい目で見られている。投資家は石炭関連ビジネスをリスクとして捉え始めており、脱石炭にかじを切らなければ資金調達が困難になる懸念がある」と述べた。

 榊原会長は、「石炭火力は重要な課題だと認識している」と強調。経団連側は「エネルギーが不足する発展途上国に高効率の石炭火力を輸出することで、地球規模の温暖化対策に貢献できる」とした。