三菱電機、電子ミラーの新技術 AIが「100メートル後方に車」

AIを活用して後方100メートルの車を認識する電子ミラー向け技術の画像=17日、東京都千代田区
AIを活用して後方100メートルの車を認識する電子ミラー向け技術の画像=17日、東京都千代田区【拡大】

 三菱電機は17日、人工知能(AI)を活用して、運転中の車両の100メートル後側方を走行する車をカメラで検出・識別できる電子ミラー向け物体認識技術を開発したと発表した。運転手が車線変更する際に、後方から近づいてくる車を早期に認識させて注意を促すシステムの実用化につなげる。自動運転車の周辺認識技術としての適用も狙う。

 車線変更時などに安全性を担保するには、後方から近づく車を認識する必要がある。

 ただ、従来技術はカメラがとらえる背景と物体の動きの方向の違いを利用する方式で、30メートル後方までしか検出できなかった。

 三菱電機が開発した新技術は後方100メートルまでの車両の可能性のある物体すべてを検出し、AIが乗用車やトラックかどうかを識別する仕組みで、遠方でも車を一瞬で正確に見つけ出すことができるという。

 車載カメラで撮影した後側方の映像を運転席モニターに表示する電子ミラーは、日本と欧州で認可されており、日本では来年発売される新車から搭載が始まる見通しだ。

クルマの死角はゼロになる? デジタルミラー時代の先陣切るレクサス