favy、昼夜で業態を変える飲食店の出店 店舗づくりのノウハウまとめ提供 (1/2ページ)

フィル・カンパニーとの提携に基づいて出店した「coffeemafia/YORUMAFIA」=東京・飯田橋
フィル・カンパニーとの提携に基づいて出店した「coffeemafia/YORUMAFIA」=東京・飯田橋【拡大】

 飲食市場に特化したマーケティング支援を行うfavy(東京都新宿区)は、1店舗の中で昼夜に業態を変える飲食店の出店体制を強化する。その一環としてフィル・カンパニーと提携。駐車場の上部に位置する未利用空間などに新業態店を進出させる。また、店舗づくりに関するノウハウをパッケージ化し、駅前再開発を進めるデベロッパーなどに対して提供する、支援ビジネスにも取り組む考えだ。

 favyが展開するのは、昼間にコーヒースタンド、夜にはバル(居酒屋)などを運営する店舗。定額会員制度を導入しており、コーヒーは何杯飲んでも無料というお得感を打ち出す

 フィル・カンパニーとの提携に伴う第1号店が、東京・飯田橋の「coffee mafia/YORU MAFIA」。同社の本社があるフィル・パークkaguLab.IIDABASHIの1階を活用した。

 昼はコーヒースタンド、夜は天ぷらバルで、月額3000円からの会費を支払えば、通常240円からのコーヒーが飲み放題になる。また、夜の部はカキや鶏の天ぷらを1個100円という割安な価格で食べることができる。

 天ぷらはオリーブオイル100%を使用。沸点が普通の油に比べて高いので、カラッと揚がるのが売り物だ。また、油の酸化をごくわずかにとどめ、使用量を抑制できる「ウォーターフライヤー」を導入。これによって食材からのうまみの流出を防ぐほか、油煙や油臭さも大幅に減らすことができる。

会員制を導入、情報分析に活用