「また買いたいと思うかどうか」 カルビー会長が自腹で菓子を食べ歩くワケ (1/4ページ)

カルビー 会長●松本 晃氏(PRESIDENT Onlineより)
カルビー 会長●松本 晃氏(PRESIDENT Onlineより)【拡大】

 一流の経営者は、仕事以外の時間をどう過ごしているのか。雑誌「プレジデント」(2017年5月15日号)の特集「一流の人の1週間」から、経営者の「オフの過ごし方」をご紹介します。今回はカルビーの松本晃会長です。松本会長は「コンビニ6軒を回って、気になった菓子を自腹で買う」といいます。その理由とは--。

 日曜日は極力定型にしようと意識している

 今、企業が社員に求めるものは、労働時間ではなく成果です。成果が上がるなら、どこで何時間働いたか、どれだけ休みをとったかは、問題ではなくなってきています。今盛んに議論されている「働き方改革」の本質は、ここにあると考えています。

 そういう考えを前提に、私の休日の過ごし方をお伝えしましょう。といっても土曜日の予定はバラバラ。出張が入っていることも多く、たまにプライベートでゴルフをすることもあれば、家族の予定が入ることもあります。ただし日曜日は極力、定型にしようと意識しています。年齢も年齢ですから、動き続ければくたびれます。私にとって日曜日は体のリコンディショニングの日。可能な限り決まったスケジュールにして、体調を整えるのです。

 まず起床は6時です。起きたら顔も洗わずパソコンに向かい、眠気覚ましにメールの返事を書き始めます。緊急性が低いため返事を後回しにしたメールをこの時間にまとめて返信します。返信済みのメールは受信トレイから削除します。メールついでにウェブニュースも読みます。そんなことを2時間ほどやって8時半頃になると、お風呂に入ります。

スーパー4軒・コンビニ6軒を回って定点観測