【新商品】ルピシア「桜のお茶シリーズ」6品

「サクラ」
「サクラ」【拡大】

 世界のお茶を専門に販売するルピシアは、同社の春の代名詞とも言えるシリーズを2月15日に数量限定で発売する。今年は、江戸時代に流行した「紋切り遊び」をモチーフに、さまざまな桜の紋をパッケージに描き、春の歓びを表現した。ラインアップは「サクラ」、「同・ヴェール」「同&ベリー」「スリジエ」「サクラ・ルイボス」「春のティーバッグ5種セット」の6種類。価格は540~1130円。

 シリーズを代表する紅茶の「サクラ」は、桜餅を思わせるサクラの葉の優しい香りと、ほのかな塩味が特徴。サクラの葉の爽やかな香りとイチゴの甘い香りが調和する紅茶の「サクラ&ベリー」は、世代を問わず楽しめる。カフェインを控えている人に適したサクラのお茶も用意。大島桜の葉をブレンドしてラズベリーなどの香りを乗せたノンカフェインの「同・ルイボス」と、サクラの木をイメージしてフルーツの甘い香りが楽しめるデカフェ(特殊な技術でカフェインを抜いた紅茶)の「スリジエ」をそろえた。

 (電)0120・112636

  www.lupicia.com