小型ロケットの実物大模型公開 インターステラ

小型ロケットMOMO2号機の実物大模型
小型ロケットMOMO2号機の実物大模型【拡大】

 実業家の堀江貴文氏らが創業した北海道の宇宙ベンチャー「インターステラテクノロジズ」が、今春打ち上げる予定の小型ロケットMOMO(モモ)2号機の実物大模型を、東京都内で公開した。

 同社は昨年夏に北海道大樹町で1号機を打ち上げたが、機体からの通信が途絶え、エンジンを緊急停止。目標の高度100キロの宇宙空間には届かなかった。2号機では高知工科大学と連携して音を計測する研究用の機器などを積んだ上で、同じ目標高度に再挑戦する。公開された模型は全長10メートル、直径50センチ。現在、資金を集めながら2号機の開発を進めている。