コインチェック巨額流出、「仮想通貨自体の信頼性とは別問題」 JPXの清田CEO

 日本取引所グループ(JPX)の清田瞭(あきら)最高経営責任者(CEO)は31日の定例記者会見で、仮想通貨取引所運営大手コインチェックの巨額流出に関して「コインチェックという個社の仮想通貨の管理のあり方で問題が起きた。仮想通貨そのものの信頼性とは別の問題」との見方を示した。

 清田氏は「決して仮想通貨に否定的な考え方を持っているわけではなく、安全性や信頼性に裏付けられたものであれば将来の可能性のある分野」と指摘。その上で、「仮想通貨も含めた(ITと融合した金融サービス)『フィンテック』がどう定着、発展していくのか見守りたい」とした。

 一方、仮想通貨は市場が急拡大し種類も増えているとして、「リテラシー(情報を理解・活用する能力)の不十分な投資家も参入している。今後の成長にマイナスのイメージが付かなければいいが」と懸念した。