LED並みエコ「CCFL」照明に注目 広範囲照射、ブルーライト軽減 (1/3ページ)

CCFL照明「アイセーブ」を紹介するファーストネーションズの杉山寿之社長=2017年12月、東京・有明の東京ビッグサイト
CCFL照明「アイセーブ」を紹介するファーストネーションズの杉山寿之社長=2017年12月、東京・有明の東京ビッグサイト【拡大】

 □ファーストネーションズ・杉山寿之社長

 蛍光灯に代わる省エネ照明としてすっかり定着したLEDだが、このところ注目を集めているのがCCFL(冷陰極管)という蛍光管。LED照明と同等の長寿命、省電力という環境性能に加え、明るく色の再現性に優れ、光を放つ範囲も広い。こうした特徴に魅せられたファーストネーションズ(神奈川県藤沢市)はCCFL照明「aiSave(アイセーブ)」を商品化し、市場開拓に乗り出した。杉山寿之社長は「設計寿命は4万時間(明るさ70%)で、一般の企業では10年以上も無交換・ノンメンテナンスで使うことができる。しかも目に優しいので人が常駐するところに最適」と訴える。

 均一な光を広範囲に

 --CCFLに注目したのは

 「CCFLは蛍光灯の発展商品で、液晶テレビなどのバックライト光源として普及。すでに30年の信頼と実績をもつ。従来の蛍光灯に比べ電気代・二酸化炭素(CO2)排出量を半減でき、暗さが気にならないなら8万時間(設計寿命は4万時間)点灯する。便利で本当に使える蛍光灯の代替品として、台湾メーカーと共同開発し2015年12月から販売を始めた」

LED照明との違いは“光の質”