大阪取引所、価格急落でダウ先物の取引を一時停止 10分後に再開

 大阪取引所は6日午前、上場しているダウ工業株平均先物の価格が急落したため、取引を一時停止するサーキットブレーカーの措置を取った。その後、制限値幅を拡大して10分後の午前11時に取引を再開した。