総務省、今月14日から郵便局利便性向上の部会開催 野田聖子総務相「郵便局生かし切るサービスを」

質問に答弁する野田聖子総務相=1月30日午前、国会・衆院第1委員室(斎藤良雄撮影)
質問に答弁する野田聖子総務相=1月30日午前、国会・衆院第1委員室(斎藤良雄撮影)【拡大】

 野田聖子総務相は6日の閣議後会見で、郵便局の利便性向上策について検討するため、14日から郵政政策部会を開催すると発表した。野田氏は「利用者目線で利便性を向上させる取り組みを考えていただければありがたい」と述べた。今年6月をめどにとりまとめを行う。

 野田氏は少子高齢化、人口減少、ICT(情報通信技術)の進展などで社会環境が大きく変化していると指摘。そうした中で、「地方の安心・安全の拠点としての郵便局の役割がますます重要になってくる」と語り、「全国津々浦々の郵便局を活性化し、郵便局をしっかり生かし切れるサービスや事業を展開できるようとりまとめてほしい」と述べた。