ローランド、トイレ用音響装置開発 音にこだわり大幅節水実現

「サウンドデコレーター」
「サウンドデコレーター」【拡大】

 ローランド(浜松市北区)はLIXILと共同で、音にこだわったトイレ用音響装置「サウンドデコレーター」を開発、LIXILを通じて販売を開始した。

 トイレ使用時の音の周波数帯域を細かく分析。使用時の音を聞こえづらくする「マスキング効果」を発揮する音源を搭載した。同時に異なる2つの音波が耳に届くとき、弱い音波は強い音波に打ち消されてしまう特性を生かしたもので、山奥まで機材を持ち込み、小川のせせらぎや野鳥のさえずりなど数多くのサンプルを録音。音の要素を切り出して合成した。無駄な洗浄を防ぐため大幅な節水にもつながる。「オートタイプ」と「手かざしタイプ」を投入した。価格は2万1800円から。