名大病院とサトーが医療分野でIoT

 名古屋大学医学部附属病院(名古屋市昭和区)は、サトーホールディングスグループのサトーヘルスケア(東京都港区)と共同で、ICT(情報通信技術)やIoT(モノのインターネット)を用いて患者に対する医療サービス向上を図る、サービスモデル実証実験に乗り出した。医療従事者と患者がIoTデバイスを身につけて、業務プロセスに合わせて脈拍や血圧など患者のバイタル情報を高精度に収集。繁忙時間帯の見える化による適切な人員配置や、異常時対応の迅速化などを通じた医療サービス向上を目指す。

 具体的にはサトーが提供する「高精度屋内位置測位システム」によって、医療従事者の位置を病室のベッド単位で検出。これまで見えなかった業務状況や患者への対応などを可視化する。