日産とルノー、三菱自 中国配車最大手とEVシェアで協業

 日産自動車とフランス大手ルノー、三菱自動車の企業連合は7日、中国の配車サービス最大手の滴滴出行と、中国での電気自動車(EV)によるカーシェアリングで協業する覚書を締結したと発表した。

 中国では急速にEV化が進んでおり、技術開発でも協力していく構えだ。

 滴滴出行は、トヨタ自動車とも米国でのEVを利用した移動や物流サービスの創出で提携しており、今後も合従連衡の動きが広まりそうだ。

 日産連合は「テクノロジーの面でも大いに期待できる」とコメント。滴滴側は「オープンな交通のエコシステムを形成することができる」と強調した。