【新商品】料飲店の味わいを家庭で「こだわり酒場のレモンサワーの素」


【拡大】

 サントリースピリッツ(東京都港区)は、料飲店で飲む本格的なレモンサワーの味わいを家庭で手軽に楽しめる「こだわり酒場のレモンサワーの素」を27日から全国で発売する。

 レモンをまるごと漬け込んだ浸漬酒を使用し、果汁だけでなく果皮の風味も封じ込めた。レモンの酸味をしっかり感じられ、食事に合うすっきりとした味わい。グラスに注ぎ、1対3のソーダ割りを推奨している。1本で200ミリリットルのソーダ割り(一般的なタンブラーに氷を入れた場合の想定)が約10杯つくれる。

 パッケージは酒場のメニューを想起させる手書きの書体で、シンプルなデザインに仕上げた。また、「ソーダ割り専用」と上部に描き、飲み方をわかりやすくした。

 業務用のサワー市場は拡大を続け、同社のスーパーチューハイ樽は2015年から17年まで年5%ずつ出荷を伸ばしている。料飲店のレモンサワーが「すっきりと飲みやすいので、飲み飽きない」「気軽に飲めるし、男が飲んでも恥ずかしくない」という声を受け、家庭用でも業務店の味のサワーをソーダで割るだけで簡単に楽しめる商品を発売し、スピリッツリキュール市場の活性化を図る。30~60代の男性が主なターゲット。年間3万ケースの販売を計画。

 価格は500ミリリットル瓶入りで650円(税別)。アルコール分は25%。問い合わせはフリーダイヤル0120・139310。

 www.suntory.co.jp