大塚家具2年連続最終赤字 17年12月期 久美子社長「改革やり遂げる」

 大塚家具が8日発表した2017年12月期決算(単体)は、最終損益が72億円の赤字(前期は45億円の赤字)と2期連続の赤字だった。赤字幅は過去最大。経営権争いで大塚久美子社長が父で創業者の勝久前会長に勝利して約3年が経過したが、依然として“お家騒動”のイメージダウンの影響を払拭できていない。

 売上高は既存の郊外大型店の苦戦で前期比11.3%減の410億円にとどまった。損益面では構造改革に伴う特別損失の計上が響いた。18年12月期の業績予想については、家賃負担の減少やホテルの需要増などで売上高が前期比1.4%増の456億円、最終損益が13億円の黒字を見込む。

 久美子氏は同日の記者会見で、黒字化できない場合の経営責任に関し「大きな事業構造を変えるには一定の時間がかかるのは確か。途中で中断するのが一番まずい」と強調。「とにかく最後までやり遂げるのが非常に重要だ」とも語った。

 大塚家具は昨年3月公表の新経営ビジョンで新規出店は分野別の専門店・小型店を軸としインターネット販売の強化も打ち出した。同年11月には貸会議室などの運営会社と提携したが、効果はまだ出ていない。