大和学園 太秦キャンパス第I期棟グランドオープン

太秦キャンパス第I期棟
太秦キャンパス第I期棟【拡大】

  • 定礎除幕式
  • 本学理事長による挨拶
  • 「Hospitality Hall」でのテープカット

 学校法人 大和学園(所在地:京都府京都市、理事長:田中 誠二)は、京都市山ノ内浄水場跡地(北側用地)活用事業「ホスピタリティ創学拠点」として、太秦キャンパスの整備を進めてきました。このたび、本年4月より開校する京都調理師専門学校、京都製菓製パン技術専門学校(2018年4月に京都製菓技術専門学校より校名変更予定)の校舎となる第I期棟工事が完了し、山田京都府知事、門川京都市長をはじめ府内外から関係者約250名の出席を得た竣工レセプションなど、2月6日(火)、7日(水)にわたり竣工記念イベントを開催いたしました。

 竣工レセプションでは、本学理事長 田中誠二より、理論と実際の融合を図るカリキュラムで世界に通じる本学園独自の職業型実学教育を展開し、国際舞台で活躍できる変化対応力と実践力を兼ね備え、繁盛店を切り盛りするための全ての工程に精通した実践的な調理師・製菓衛生師の養成を目指していく旨、力強く宣言するとともに、学園が所有する既存の校地・校舎の活用を含め、現在、2019年4月の開学に向け設置認可申請中の我が国初となる管理栄養士の養成並びに和食分野の調理師養成を行う京都専門職大学や、さらに先を見越した専門職大学院の設置などの将来構想についても触れた。
また、来賓の山田京都府知事、門川京都市長、寺田京都市会議長、立石京都商工会議所会頭からのあたたかい祝辞や、テープカットなども行い、盛大なイベントとなった。

 【太秦キャンパス第I期棟概要】
・新校舎は最先端の厨房・実習施設・設備を備えた日本料理、西洋料理、洋菓子・製パン・和菓子の各専門領域別の実習室の設置に加え、学生が運営する実習のための京料理、フレンチ、イタリアンの3つのレストランと和洋菓子・パンのショップを設置し、一般の方々に開放する。
・京料理や和菓子に関する食文化の発信拠点「Taiwa Museum」を設置。
・国内外の食に関する充実した書籍を揃えた、学生の自発的な学習を促すライブラリー及びラーニング・コモンズを設置
・国内外の料理コンクールや著名な料理人・パティシエの講習会など実施し、京都のインバウンド振興に貢献するキッチンスタジアム「Hospitality Hall」(ホスピタリティホール)を設置

【建築概要】
敷地面積 :8,774.32m2
建築面積 :2,254.95m2
延床面積 :8,463.99m2
構造・規模:鉄骨造 地上4階建て
CM :明豊ファシリティワークス株式会社
設計者 :株式会社 大林組 大阪本店一級建築士事務所
株式会社 吉村建築事務所(レストラン設計)
施工者 :大林組・岡野組 建設工事共同企業体

 ■学校概要
名称 :京都調理師専門学校
所在地:〒616-8083 京都市右京区太秦安井西沢町4番5(2018年4月より)
学校長:仲田 雅博
URL : https://www.kyoto-chorishi.ac.jp/

 名称 :京都製菓製パン技術専門学校
所在地:〒616-8083 京都市右京区太秦安井西沢町4番5(2018年4月より)
学校長:鮫島 孝宏
URL : http://www.kyoto-seikagijyutsu.ac.jp/

 ■学園概要
名称 : 学校法人 大和学園
所在地: 〒604-8006 京都市中京区河原町三条上ル
理事長: 田中 誠二
URL : http://www.taiwa.ac.jp