リクルート、チャットボットの会話分析プラットフォームを提供するDashbot, Inc.へ出資


【拡大】

 [画像1]https://digitalpr.jp/simg/2/25733/350_183_201802082151545a7c47ea8abce.jpg

 株式会社リクルートホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 兼 CEO:峰岸真澄、以下リクルート)は、投資子会社である合同会社RSPファンド6号を通じ、チャットボットの会話を分析できるプラットフォームを提供するDashbot, Inc.(ダッシュボット、本社: 米国サンフランシスコ、CEO:Arte Merritt)への出資を実施しました。

 --------------------
1. 本件の背景と目的
--------------------

 昨今、AI技術の進化により、コンピュータが自動的に会話を進めるチャットボット(テキスト・音声)に注目が集まっており、カスタマーエンゲージメントを行うさまざまな業務において、各企業がチャットボットの導入を進めています。Dashbot, Inc.の分析プラットフォームは、企業のチャットボットの会話精度を改善させ、顧客満足度・受注確度の向上を可能にします。

 リクルートは今回の出資を通じて、企業のチャットボットの活用並びに同サービスの利用拡大に向けた支援を行っていきます。 Dashbot, Inc.は今回の資金調達により、対応可能なチャットボットプラットフォームを増やし、機能を拡充させていく予定です。

 --------------------
2. Dashbot, Inc.の概要
--------------------

 Dashbot, Inc.は、チャットボットによる会話の分析を行うプラットフォームを提供しています。チャットボットの利用状況、会話の内容や推移、顧客のリピート状況、会話時の顧客の感情を分析し、エラーの検出・フィードバックを行うことで、チャットボットの精度を改善します。

 現在、Facebook Messenger、Slack、Kik、Amazon Alexa、Google Assistantといったサービスに対応しています。これまでに分析された会話データは240億メッセージ以上にものぼります。

 (1)商号:Dashbot, Inc.
(2)代表者:Arte Merritt
(3)所在地:90 New Montgomery, Suite 420, SF, CA 94105
(4)設立:2016年5月
(5)主な事業内容:チャットボットのデータ収集および分析プラットフォームの提供
(6)Webサイト:https://www.dashbot.io/

 --------------------
3. 合同会社RSPファンド6号の概要
--------------------

 同ファンドは、リクルートグループの新領域事業の創出を視野に入れた、新テクノロジー・新ビジネスモデルの発掘及び事業機会の獲得を目指します。

 (1)商号:合同会社RSPファンド6号
(2)代表者:岡本彰彦
(3)所在地:東京都中央区銀座8-4-17
(4)設立:2014年11月12日
(5)主な事業内容:投資育成事業・ベンチャーキャピタル事業

 ▼リクルートグループについて
http://www.recruit.co.jp/

 --------------------
【本件に関するお問い合わせ先】
https://www.recruit.jp/support/form/
--------------------