コンビニ各社が“ついで買い”強化 セブンはドリップコーヒー大幅刷新 (1/2ページ)

セブンイレブン店舗外観
セブンイレブン店舗外観【拡大】

 コンビニエンスストア各社がカウンター販売のドリップコーヒーを相次ぎ強化している。最大手のセブン-イレブン・ジャパンは9日、2013年1月の発売以来初めての大幅刷新を行い、焙煎方法や使用する豆の量を改良すると発表した。ワンコイン(100円)で手軽に挽(ひ)きたての香りを楽しめるとあって人気が高く、今や各社にとって来店客の“ついで買い”を誘う上で欠かせない商品だ。

 「『リピート率』が高く、来店動機と売り上げアップへの寄与度が大きい」とコーヒーの商品特性を説明するのは、セブン商品本部の高橋広隆総括マネジャー。電子マネー「ナナコ」の利用データによると、同じ人が週2回以上購入する率が最も高いのは、たばこに次いでカウンター販売のコーヒーだという。

 3月上旬の刷新では、豆の焙煎回数を2回から3回に変え、豆の使用量も1割増やすなどして香りとコクを高める。今年度は全国約2万店での販売数が10億杯を突破する見通しで「舌の肥えたお客さまを一層満足させたい」(高橋氏)と自信を示す。

 ファミリーマートも昨秋の商品改良で、ブレンドする豆を2種類から4種類に増やした。ローソンは今月、希少種の完熟豆を使った1杯500円の「パナマ ベイビーゲイシャ」を数量限定で販売した。

 各社がコーヒーに注力するのは、利益率が比較的高い上、サンドイッチなど別商品と同時に購入する客が多いからだ。喫茶店代わりに使えるイートインスペースを備えた店舗が増えたことで、より本格的な味わいを求める声も高まっている。

缶コーヒーの販売量は苦戦