ペッパーは誰の子? ソフトバンクが当時の「開発リーダー」呼称に異例の注文 (1/2ページ)

ソフトバンクのロボット、Pepper(ペッパー)=大阪市浪速区の産経新聞大阪本社(恵守乾撮影)
ソフトバンクのロボット、Pepper(ペッパー)=大阪市浪速区の産経新聞大阪本社(恵守乾撮影)【拡大】

  • ソフトバンクのロボット、Pepper(ペッパー)=大阪市浪速区の産経新聞大阪本社(恵守乾撮影)

 ソフトバンクグループのソフトバンクロボティクス(SBR)の人型ロボ「ペッパー」の父は-。SBR在籍中に開発に携わったがすでに退職し、現在はロボット開発ベンチャー「GROOVE X(グルーブX)」代表取締役の林要(かなめ)氏をめぐり、ソフトバンク側が1月下旬、報道関係者に対してペッパーの「父」「生みの親」「開発リーダー」などの呼称を使わないよう異例の要請をしたことで波紋が広がっている。

 SBRは、冨沢文秀社長名で、林氏について「ペッパーの技術開発の責任者または中心的存在であったかのような印象を与えない呼称を使用してほしい」との声明文を出した。林氏が主導的役割を果たしたことはないというのが理由で、林氏側に申し入れたが改善されないため、今回の措置に踏み切ったという。

 ソフトバンクの孫正義社長はペッパーを発表した平成26年の会見で、「心を込めて開発した」と語るなど、ペッパーの“父”を自負してきた。