AIチャットボットの用途開発へ

 人工知能(AI)ソフトウエアを開発するコンシェルジュ(東京都中央区)は、AIを活用したチャットボット(自動応答システム)「Concierge U(コンシェルジュ)」の用途開発に乗り出した。従来は企業のマーケティングやカスタマーサポートなどに利用されてきたが、昨年12月公開の映画「風の色」の公開プロモーションの一環で今後のファンクラブ対応を想定したサービスに採用されたためだ。ファンはスマートフォン上で、劇中の主人公を模したAIとチャットを楽しみながら、特別な画像や動画を入手できる。コンシェルジュがもつ自然言語処理やレコメンド機能を活用したためで、これを機にサービスのさらなる展開を図る。